08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

やまのぼりCOLOR

青空 写真 時々テント 

Mon. 00:30:43 -edit

05

09

co: 6

tb: 0

志賀高原池めぐり 

歩いた日:2016年5月6日 天候:曇り

DSCF0498.jpg

蓮華岳からの帰りは高速道路を利用しないで一般道だけで自宅まで帰ろうと最初から決めていて、
休日をもう1日山に充てる事が出来るので、途中気が向いて寄りたい所があったら寄ってみようという
2日目の予定は全くのノープラン。
なんとな~く山地図のアプリを見ていたら「ミズバショウ」の文字が目にとまった。
よくよく地図を見てみたら志賀高原の木戸池周辺でした。
そう言えば以前ワタスゲの咲く頃に、
木戸池からひょうたん池、渋池、志賀山、四十八池、大沼池のコースを歩いた事があるので
まだ歩いた事の無い池をめぐってみようと思い付き、志賀高原へと向かいました。


「道の駅北信州やまのうち」で車中泊をして、隣接したコンビニで朝食を済ませサンバレー前の駐車場まで移動し
先ずは一沼からスタート。
静かだなぁ、誰もいないなぁ、と思ったらまだ朝の6時でした。
DSCF0497.jpg




ここから正面に見えている旭山の頂上に登ってみます。
とても美しいシラカバの林です。
DSCF0499.jpg



旭山の山頂からは特徴のある妙高がよく見えました。妙高の陰に半分隠れてるのは火打でしょうね。
DSCF0504.jpg




旭山から降りたら次は水無池。ちゃんと水はあります。夏には涸れるのでしょうか。
DSCF0507.jpg



来た道をいったん引き返して今度は琵琶池を時計回りで。
DSCF0515.jpg




琵琶池を半周回ったところで国道292号線を渡りサンバレーの前を通って石の湯温泉に向かおうとしましたが
このコース、地図には「現在閉鎖中」と記されています。
取敢えず途中まで行ってみましたが、やはり笹が生い茂っていて藪漕ぎになりそうなので引き返して車で丸池まで移動。
DSCF0524.jpg DSCF0527.jpg




丸池をサッと見てから坂道のすぐ上にある蓮池スキー場までさらに車で移動して、
駐車スペースに車を停めて蓮池まで歩いてみます。蓮池に映る白壁の建物も風景にマッチしてます。
DSCF0529.jpg




蓮池スキー場Pから信州大学自然教育園バス停までまたもや車で移動。
近くにある長池から、上ノ小池~三角池~田ノ原湿原~木戸池~石の湯~長池までの往復は全行程歩きます。
信州大学自然教育園BSから長池へ。
DSCF0534.jpg




池の周りを囲む(左)ダケカンバ と (右)シラカンバ(シラカバ) の木。その違いを案内板の説明文から教わりました。
そして近くの湿地にはミズバショウ!
DSCF0538.jpg DSCF0540.jpg DSCF0533.jpg



少し移動して上ノ小池。この先色んな花に出会います。
ショウジョウバカマの蕾を最初見た時はなんの花なのか悩みましたが
近くに開花している個体があったので「なぁ~んだ君だったのか」と悩み解決。
三角池まではクロベ(ヒノキ科)の林の上り坂。道の脇にオウレンも見つけました。
DSCF0544.jpg 001_201605082135353e3.jpg DSCF0555.jpg



三角池。国道292号線を渋峠方面に向かう車がだいぶ通るようになってきました。
時間は10時過ぎ。。。えっ、もう4時間も歩いてるの?と自分でもビックリ。
DSCF0566.jpg




カーブからいきなり車が現れる国道をサッと横断して田ノ原湿原へ。
時期には一面ワタスゲが咲くようです。
DSCF0571.jpg DSCF0573.jpg DSCF0574.jpg




木戸池スキー場のゲレンデを登って次は木戸池。
スキー場でバイトしてたことがあるのでリフトとか見ると今でも胸が変な感じになます。
こんなに自然が大好きになるんだったら、あのまま北海道に住み着けばよかったなぁと今は思う。
DSCF0579.jpg




ここまでの池には全く人影が無かったけど、木戸池には温泉ホテルがあるので畔では数組の観光客を見かけました。
木戸池から石の湯温泉へは緩やかな坂道を下って行きます。
国道からだいぶ奥に入るのでちょっとした隠れ家的な場所。
大きく育ったタカネザクラが早く咲きたいと蕾を膨らませていました。
DSCF0580.jpg DSCF0586.jpg




石の湯から再び田ノ原湿原へ向かいます。当然ながら下った分登り返します。
登った先には緑の笹原とシラカバの林。。。これぞ高原と言った風景が広がります。
志賀高原と池めぐり、時間も忘れて充分に楽しめましたが・・・
DSCF0589.jpg


蓮華岳が残念な結果だったのでGWはなんとなく不完全燃焼。夏山シーズンになんとか挽回したいものです。
志賀からの帰り道は、草津まで通り抜けできたので賽の河原露天風呂に浸かったあと、一般道をトコトコと。
正月の黒斑山&大蔵高丸の時も高速道を使わずに帰りましたが
一般道をのんびり走るのも、楽しみが増えたようで、なんだかいいですね。


スポンサーサイト

テーマ: 山登り - ジャンル: 趣味・実用

カテゴリ: 志賀高原

△page top

コメント

こんばんは、中ノ俣さん!
ご機嫌高原散歩、いいですね~(^^
朝の空気の中、静かに湖畔を歩く…う~ん、幸せだ!

誰かと歩くのも楽しいですが、1人で静かに歩くのも自然の中にポツンといるようで、なんともいえない楽しさがあると思います(^^
中ノ俣さんも、その手の楽しさがわかるタイプとお見受けしていますが、いかがでしょうか?(笑)

GWは不完全燃焼でしたか。
お天気ばかりはどうしようもありませんからね、命あってのモノダネです(^^;
…中ノ俣さんの落し物、まるで身代わりみたいな気がしました。
無事に帰ってこられて、よかったです!

URL | 悠 #- | edit
2016.05.11 23:27

☆悠さん コメントありがとうございます☆

>ご機嫌高原散歩、、、
なるほど!良い表現ですねっ('◇')

誰もいない池の畔に立って水面に映る景色を見てると
気持ちがどんどん優しくなっていってとても気持ちよかったですよ。
国道沿いにあるのに誰も車やバイクを停めて景色を眺めるでもなく
みんな素通りして行っちゃうのでモッタイナイなぁ~なんて思いながら歩いてました。
最後の木戸池ではカップルとかいたりして、羨ましいとか思いましたけどね(^^;)

前日の針ノ木雪渓は、GW前半に遭難事故が多発してたせいもあって、すんなり諦める事が出来ました。
体力、気力もイマイチなコンディションでしたし
何より自分を追い詰める為に登ってるんじゃなくて楽しむために登ってるわけですから・・・
山登り、ゴミと命は持ち帰り・・・ですよね(^^)


URL | 中ノ俣 #Y2kgqtPU | edit
2016.05.12 22:12

軽アイゼン初体験だったなぁと
前編の針ノ木雪渓を懐かしく拝見しました。

>こんなに自然が大好きになるんだったら・・・

人間も所詮動物ですから、自然回帰なのでしょうね。
もっともノープランで山に入ることは私の場合はないので
時間を忘れて自然と同化することができる中ノ俣さんは
本当の野生児なのかも。

夏はスカッとした青空の下で
ヤッホー!と絶叫したくなるシーンと出会えるといいですね♪

URL | TIQI #- | edit
2016.05.13 00:26

☆TIQIさん コメントありがとうございます☆

>軽アイゼン初体験だったなぁと
>前編の針ノ木雪渓を懐かしく拝見しました。
TIQIさんから初めてコメント頂いた記事だったのでよく覚えてますよ~。
2013年の7月ですよね。もう3年になるんですね。
今回は、せっかくのGWだからと、天気が不安定だったにもかかわらず行ったわけなんですけど
やっぱり駄目でしたね(T_T)
夏山は行きたい所が沢山あるので、ぜひ挽回したいです。

URL | 中ノ俣 #Y2kgqtPU | edit
2016.05.14 21:37

私も帰りは下道派です~♪
(あっ、私の場合、お財布事情です(笑))
今の時期、田植えをしたばかりの水田に、里山の景色が映りこむのを
眺めるのも楽しみの一つです。
近所でいくらでも見られる景色ですが、出先だと、それが素敵に見えて
しまうのが不思議です。(^^;(^^;

でっ、志賀高原の池にも、素敵な景色が映りこんでますね~。
見事な水鏡。(*^^*)
まだまだ色の少ない志賀高原。でも、カンバの枝先がほんのり赤くなって
「間もなく新しい葉っぱを出しますよ~!」って一生懸命メッセージを
発しているようです。(^^)
素敵な景色だな~。って思いながら、車で通過してしまう志賀高原。(^^;
歩くともっと素敵ですね!!

URL | chikoやん #0iKXazQU | edit
2016.05.14 23:43

☆chikoやんさん コメントありがとうございます☆

節約は僕だって同じですよ~(^^;)
特に今回は早朝、夜間割引のない時間帯だったし
プランも何も決めてなかったのでのんびり走る事にしたんですよ~。

志賀高原からの帰り、渋峠経由で帰って来たんですが
「芳ヶ平のワタスゲ」を思い出して
今年はゼ~~~ッタイにテント泊やるぞと心に決めましたよ!

URL | 中ノ俣 #Y2kgqtPU | edit
2016.05.15 22:04

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://urajirosorbus.blog.fc2.com/tb.php/133-ea4e8e45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード