やまのぼりCOLOR

青空 写真 時々テント 

赤岳 真教寺尾根~県界尾根 

登った日:2016年9月1日  天気:朝のうち晴れ のち曇り

前回は南八甲田に登れなかったので、南八ケ岳を登ってきました。(笑)
赤岳は2度目。次に赤岳に登るの時は真教寺尾根からと決めていましたが、6年目でやっと実現しました。
IMG_6893.jpg




朝の6時ちょい過ぎ、清里の「美しの森」からスタート。
先ずは美し森山から富士山を眺めます。
IMG_6834.jpg




これから向かう赤岳山頂には、、、早くも雲が・・・。
IMG_6836.jpg




1時間ほど登って清里スキー場のリフトの山頂駅。もうお客さんが乗って来て到着してます。
こんなに早く運転してるのを知ってたら利用したかった。
IMG_6844.jpg




賽ノ河原から見上げる赤岳は雲がかかっていません!
IMG_6847.jpg




牛首山は木々に囲まれて展望なし。隙間からわずかに権現岳が見えました。
IMG_6850.jpg




その先は、はしばらく樹林の中の緩い坂道を行きます。
開らけた場所からは時々正面に赤岳が姿を見せます。
IMG_6856.jpg




牛首山から1時間ほど歩き続けると、樹林帯なのに岩ゴロ急坂が徐々に始まります。
IMG_6859.jpg




一息ついて振り返ると眼下に牛首山。雲の上に富士山がまだ見えてます。
IMG_6861.jpg




山頂まで まだまだなのに青空が殆ど隠れてしまいました。
IMG_6864.jpg




立ち枯れ。
IMG_6868.jpg




上部にはダケカンバの林も。
IMG_6869.jpg




森林限界辺りからいよいよ連続する鎖場。登りでは鎖に頼らなくても問題なく登れそうです。
IMG_6870.jpg




左方向に天狗尾根と権現岳を眺めながら登りますが、この後すぐに雲に覆われてしまいます。
IMG_6882.jpg




下から見上げても上から覗いてもほぼ垂直の壁。
IMG_6884.jpg




阿弥陀岳も見えてきましたが、すぐに姿を隠してしまいました。
IMG_6891.jpg




尾根分岐に到着、最後の登りです。
IMG_6893.jpg




山頂到着~。平日なのに結構な人数がいます。連日雨が続きましたからね。
IMG_6898.jpg




ほんの一瞬、行者小屋が眼下に見えました。
IMG_6901.jpg




県界尾根は赤岳頂上山荘の脇を通ってガスの中へ。
IMG_6905.jpg




真教寺尾根より狭くて斜度もあり、ザレているので滑りやすい。鎖に頼って下ります。グローブ必須。
IMG_6912.jpg




樹林帯に入ると八ケ岳スタイルですね。
IMG_6924.jpg




途中、こんなの見かけました。飯能の山でも見たことありますが意味不明。
IMG_6929.jpg




下山後はお約束の清泉寮でジャージーソフト。
IMG_6934.jpg



西黒尾根、合戦尾根、ブナ立尾根、真教寺尾根と来たら次は黒戸尾根か・・・なんちゃって(^^;)








スポンサーサイト
thread: 山登り | janre: 趣味・実用 |  trackback: 0 | comment: 10 | edit

コメント

続けてこんにちは、中ノ俣さん!
北に南に、まさに神出鬼没ですね!(笑)

赤岳日帰りざっとコースタイム10時間…鎖・梯子の連続と言うことで、ビビりの私は避けていましたがさすがは中ノ俣さん、颯爽とクリアされたようですね!
最近「鎖場多し」とか「危険マーク」を見ると、やっぱりヘルメット買おうかなと思っています。
去年の北岳滑落事故が、結構尾を引いているんですよね…。

下山後の甘いものは必須です(笑)
あと温泉とお蕎麦も!
…だからこれだけ登っているのに、痩せない(^^;…でも止められな~い(笑)

悠 #- | URL | 2016/09/04 10:56 * edit *

☆悠さん コメントありがとうございます☆

続けてコンバンハ、悠さん(^^)

真教寺尾根は、片思いを続けて6年目でやっと実現できました。
登ったのは平日でしたが、久しぶりの晴れマークだったので
職場には「病院に行って薬をもらってこなくちゃ」と嘘ついて休ませてもらって決行しました。(^^)
通院を理由に休んで山に行くのは、これで2回目です(^^;)
山は自己責任なので自分が転倒してけがをするのはしょうがないにしても
他人の不注意からの落石でケガをする事ほどつまらない事は無いので
ヘルメットは用意した方がいいかもしれませんね。

帰りの車の運転を一人でして帰らなくちゃいけない僕は
ビールなんて飲めないのは勿論、食事とか温泉とか、眠気を誘うような事はなるべく控えてるんですね。
なんだか、とっても損してる気分です。(T_T)

中ノ俣 #Y2kgqtPU | URL | 2016/09/04 22:08 * edit *

中ノ俣さん アクティブ~~♪
わたしも見習わなければ(笑)

南八ヶ岳って、なぜか、すごく遠いイメージがあるんです。
感覚って、不思議だな。
でも、立ち枯れの森や、コケの森もあって、なんか、ちょっとだけ
ホッとしました。(^^;(^^;
ガスの切れ間から見える険しい稜線の景色は、この先にどんな
景色が待ってるんだろうって、ワクワクしちゃいます~。
わたしも来年は、もうちょっと赤岳が近くに見えるような場所に
登ってみよ~~っと。
山頂で持ってらっしゃるプレートがすごくかわいいです!!!
で、黒戸尾根レポ。待ってます。(^O^)

chikoやん #0iKXazQU | URL | 2016/09/05 12:45 * edit *

☆chikoやんさん コメントありがとうございます☆

いえいえ、このアクティブさはchikoやんさんを見習っての行動ですよ~~。(^o^)
天候不順な日が続いたのでどうしても この時の晴れ間に山に行きたかったんですよね。
南八ケ岳は北の天狗岳に登ってしまえば
あとは勢いで赤岳まで行けそうな稜線なので 
思われてるほど遠いとは思いませんよ。
ただマイカー登山にはちょっと辛いですけどね。
美濃戸から北沢を通って硫黄岳、横岳、赤岳と縦走して南沢から美濃戸に戻ると
マイカーでも大丈夫ですね。
6年前にこのルートを日帰りで回ったんですが今はもう体力気力とも無理でしょうね。
森の中に入ると沢山の苔や立ち枯れの林もあって「やっぱり八ケ岳なんだな」って思えますね。
でもやっぱり森の中の雰囲気は北八つの方が好きです。
黒戸尾根は、2020年の東京オリンピックまでには何とか・・・(^o^)

中ノ俣 #Y2kgqtPU | URL | 2016/09/05 23:22 * edit *

2899m。
中ノ俣さんの写真からも、小学生が黄色い帽子とランドセル背負ってうろついているような山ではなさそうに見えますが!
看板のイラストが気になります。


toa3nojin #- | URL | 2016/09/06 20:03 * edit *

☆toaさん コメントありがとうございます☆

あのプレートのイラストは
およそ赤岳山頂のイメージとは違うような気がしますが(^^;)
おそらく麓のどこかからか見える山容だと思います。
だとしたら麓の学校に通う小学生が描かれてても
可笑しくはないですよね(^^;)(^^;)

中ノ俣 #Y2kgqtPU | URL | 2016/09/09 22:50 * edit *

これだけ天候不順が続くと、平日の晴れマークは外せないですよねぇ。
登る前から富士山に会えるなんて、テンション上がっちゃいます!(笑
八ヶ岳の中核部は未踏なので
赤岳頂上山荘に泊まってご来光をと想い続けているのですが
ヘルメット被ってまで山登りは・・・とまだ抵抗があって。
甲斐駒は直登コースを登れただけでもう十分なので
黒戸尾根は中ノ俣さんのブログで愉しませてもらいますよ♪

TIQI #- | URL | 2016/09/16 23:40 * edit *

☆TIQIさん コメントありがとうございます☆

今週も台風が近づいてきて週初めと週中のどちらの祝日も天気が悪そうで
当分山には向かえそうもないですね。
赤岳はどのルートから登っても急坂ですがヘルメットを被って登ってる人は皆無です。
僕もヘルメットは被ってません。
赤岳頂上山荘泊かぁ、いいですね~
赤岳展望荘に泊まって星空をまとった赤岳頂上を眺めるのもいいかなぁなんて思ったこともありますよ。
まあ、黒戸尾根は体力的にも4年以内に登らなかったら、この話は無しと言う事で・・・(^^;)

中ノ俣 #Y2kgqtPU | URL | 2016/09/18 18:27 * edit *

中ノ俣さん

赤岳良いですよね〜
行者小屋から地蔵尾根で登ったことはあるのですが、どこから登ってもなかなかの急登なんですね〜
眺望は残念でしたがソフトクリームは美味そうですね!
僕らも来月天狗か硫黄に行ってきますね。
お疲れさまでした!

山とコーヒーとパン(あづま) #- | URL | 2016/09/27 08:33 * edit *

☆あづまさん コメントありがとうございます☆

確かに赤岳はどこから登っても急ですよね~。
赤岳展望荘からでも結構バテますよね。(笑)
これからの時期、八ケ岳はカラマツの黄葉が見応えあるので
天狗岳か硫黄岳は楽しみですね。
僕も黄葉時期にもう一度行ってみたくなりました~~

中ノ俣 #Y2kgqtPU | URL | 2016/10/03 22:14 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://urajirosorbus.blog.fc2.com/tb.php/146-c91ac6ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)