やまのぼりCOLOR

青空 写真 時々テント 

八方尾根 (唐松岳途中敗退) 

体力の限界!
千代の富士じゃぁないけれど、唐松岳頂上山荘を目の前にして怪我と強風と時間切れのため引き返してきました。
登った日:2017年2月4日 天候:快晴
IMG_7841.jpg
唐松岳頂上山荘直下から眺めた五竜岳



白馬ゴンドラリフト乗り場へ向かう途中で道の駅安曇野松川から見た、朝日に染まる後立山連峰。
電線や民家の屋根が写り込んでいるのでトリミングしました。
この間、白馬方面に向かうスキーヤーの車が次々と通って行くので、
駐車場の心配をしなくちゃいけないのをこの時気付いて慌てて出発しました。
IMG_7786_201702052123171cf.jpg





何とか駐車場が空いているうちに滑り込む事が出来て、ゴンドラとリフト2本を乗り継いで、
八方池山荘前から早速アイゼンを装着して出発です。
山頂方面を目指して列を成して尾根を登って行く9割以上がスキーやスノボのBCを楽しむ人たち。
そしてそのほとんどが外国人(たぶんオーストラリア人)でした。
IMG_7788.jpg




八方山に立つと早速五竜岳と鹿島槍ヶ岳が目に飛び込んできます。
シビレますよこの風景!
IMG_7789.jpg




今日の目的地の唐松岳を入れてもう一枚。
IMG_7790.jpg




第2ケルン手前からの白馬三山。
IMG_7792.jpg




八方ケルンと不帰ノ嶮も見えてきました。
IMG_7793.jpg




不帰ノ嶮、右からピークが一つのⅠ峰、中央が平らに見えてピークが二つのⅡ峰、ギザギザピークが三つのⅢ峰。
解りやすい(笑)
IMG_7801.jpg




大迫力です。
IMG_7798.jpg




八方ケルンを目指して進みます。
IMG_7802.jpg




振り返って、美ヶ原高原の向こうに八ケ岳。その右に富士山もうっすらと見えてます。
さらに右に連なる南アルプスの峰々の下に白く見えているのは霧ヶ峰(車山)のようです。
IMG_7833_20170207191116ffc.jpg





地吹雪の向こうには左に四阿山と右に浅間連山(湯の丸山が被ってます)。
IMG_7805.jpg




シュカブラ。
IMG_7806.jpg




ホワイトチョコをコーティングしたような甘く美味しそうな雪の斜面。
IMG_7808.jpg




第3ケルン(八方池)を越えても風は強くて、時々風上に背を向けて立ち止まります。
実はここで、アイゼンの先を引っかけてバランスを崩したタイミングで突風にあおられ
そのまま転倒して左膝を露出している岩に強打してしまいました。
歩くたびに痛みを感じましたが、そのまま先へ進みます。
IMG_7809.jpg




P2361
IMG_7814.jpg




P2361から振り返ります。
日本海から始まって雨飾山、火打山、妙高山、高妻山・・・。
IMG_7816.jpg




ふーふー言いながら丸山へ。
IMG_7820.jpg




同じような写真が続きますが一応進んでます。
IMG_7825.jpg




くどいようですが進んでます。
IMG_7828.jpg




日本海と白馬三山。
IMG_7830.jpg




振り返ってばかりでなかなか進まないのも事実です。
IMG_7831.jpg




遠見尾根も奇麗です。
IMG_7833.jpg





いよいよ強風圏突入。
IMG_7840.jpg





これを登れば頂上山荘です。きっと立山連峰や剱岳の大展望が待っている筈!
・・・が、先ほど強打した膝が悲鳴をあげ始めました。
これでは下山に時間が掛かりそうなので、悔しいけど安全策で引き返す事にしました。
IMG_7846.jpg





下山途中、第3ケルンから飽きる事のないこの風景をもう一度ゆっくり眺めます。
唐松岳~不帰ノ嶮~天狗ノ頭~白馬鑓ヶ岳
IMG_7849.jpg




天狗ノ頭~白馬鑓ヶ岳~杓子岳~白馬岳~小蓮華山まで連なってます。
IMG_7851.jpg




八方尾根と唐松岳。遠見尾根の向こうに五竜岳と鹿島槍ヶ岳と一日中見守ってくれた太陽と。
IMG_7852.jpg



結局のところ、リフトの最終時刻には1時間早く着いてしまいました。
と言う事は頂上山荘まで登っても十分間に合った計算になります。
悔しいけど結果論です。この日、これだけの青空に恵まれて充分すぎるほどの満足感が得られました。





スポンサーサイト
thread: 山登り | janre: 趣味・実用 |  trackback: 0 | comment: 10 | edit

コメント

こんにちわ。
記事を呼んでいて引き返しが正解だと思います。
素晴らしい天気に眺望...でも足の不調(怪我)は後に響きます。
それと私も冬山で気にするのは第一に「風」です。
体感気温を下げ地吹雪を起こし遭難を助長しますので。。。
よく言いますが「山は逃げない」ので又の挑戦を!

野付ウシ #- | URL | 2017/02/05 19:03 * edit *

お大事に

ヤッタぁー!八ヶ岳の向こうに富士山もバッチリではないですかぁ(笑
抜けるような青空の下、すばらしい雪山登山でしたね~☆
ピークハントしなくてもこれだけ眺望を楽しめれば上等ですよ。
先週自分が北八から眺めていた北アがこんなに雪深いとは
どんな踏み心地だったんだろうと、なんだか見ていてワクワクしちゃいました。

膝の状態がとても気になりますが…
どうかムリをせずしっかりと治してから復活してくださいね。

TIQI #- | URL | 2017/02/05 21:33 * edit *

めちゃめちゃ寝起きがよかったようで。。。(^^)
最高です。もぉ、この景色!!!
白と青の世界。
ぬくぬくと暖かい部屋で見せていただきながらも、
冷たい風を感じられるようです。
山並みがかっこいいのはもちろんなんだけど、まっさら雪原に立つ
ダケカンバと、その影。
もぉ、素敵です!! 
部屋に飾っておきたいほど。

で、膝。どうぞお大事になさってくださいね~。
次、また、素敵な景色を見せていただくの、楽しみにしてるんだから~♪

chikoやん #0iKXazQU | URL | 2017/02/05 22:14 * edit *

こんばんは、中ノ俣さん!
素晴らしい景色を見せてくれた山に、感謝感謝、ですね!(^^

以前9月に唐松岳に登っているので、八方の景色を懐かしく思い出しました。
そうそう、丸山辺りにダケカンバが生えていて、雪の重みで幹が曲がっていたなぁって。
ほんと、雪がズッシリですねe-330

膝を打ったとのことですが、その後いかがでしょうか?
ちゃんと安静にして、早く良くなりましょう!
…実は昨日、家の階段で転んで左肘を強打し、今現在肘が曲げられない悠でしたi-241
どうしよう…今週末にスノーシューの予定だったのに(--;

悠 #- | URL | 2017/02/06 00:26 * edit *

☆野付ウシさん コメントありがとうございます☆

上部の方は耐風姿勢を取りながらでしたので
重い荷物を背負って登ってるのと同じぐらいの疲労度だったと思います。
確かに山は逃げませんけど・・・
体力の衰えは加速度的に逃げて行きます(^^;)

中ノ俣 #Y2kgqtPU | URL | 2017/02/06 21:20 * edit *

☆TIQIさん コメントありがとうございます☆

雪の踏み固められた場所では
アイゼンの爪が刺さる度にキュッキュッと音が響いて気持ちよかったですよ。
ただ、吹き溜まりの部分ではスノーシューの方が楽だったんでしょうね。
富士山は肉眼では見えていたのに、どうして写真では写らないんでしょう?
カメラのレンズより人間の目の方が遥かに制度は良いと言う事なんでしょうけど
いざ現像となると写真の方がうんと正確で
僕の脳裏に焼き付けた映像は結構怪しかったりします(^^;)
膝(正確には膝の上部)は、階段の特に上る時の方が痛みますが特に不自由は感じません。
当分山に登る予定もないので、ゆっくり養生します。

中ノ俣 #Y2kgqtPU | URL | 2017/02/06 21:35 * edit *

☆chikoやんさん コメントありがとうございます☆

はい!目覚ましが鳴る前に冬眠から覚めてしまいました。(^^)
たまたま土曜日の予定がキャンセルになってしまい、しかもこの日は天気もよさそうで
「どんだけラッキーやねん!」と言う事で思いっきり出かける事にしました。
白毛門か、平標山か、西吾妻山かと迷いましたが
東北の天気はイマイチだったし、厳冬期の剣岳が見てみたくて唐松岳に決めたんですよ。
肝心の剱岳を望む事はできませんでしたが、青空と銀世界、これだけで十分満足してきました。
ただね、BCの人たちを見てて思ったんですが、
これだけの素晴らしいゲレンデだっていうのに
山に登るよりBCやった方がいんじゃね?と、歩きながら自問自答してましたよ。

中ノ俣 #Y2kgqtPU | URL | 2017/02/06 21:47 * edit *

☆悠さん コメントありがとうございます☆

尾根の一部の風の強い場所では雪が飛ばされていて
ダケカンバやハイマツの枝をアイゼンで踏みつけながら歩いたのは結構罪の意識を感じました。
場所によっては木の背丈より雪が積もっていて、その上を歩くような事もあったんでしょうね。
僕も以前、夏の唐松岳に登ったことがあるんですけど
ハクサンフウロの群生地がどのあたりだったのか全然思い出せませんでした(^^;)
悠さん、階段で転んだんですか~・・・うー、痛そう・・・
肘が曲げられないって結構不便だったりしますよねー。
スノーシューって・・・ここはやっぱり、ゆっくり休むべきでしょう~~
お大事になさってください。

中ノ俣 #Y2kgqtPU | URL | 2017/02/06 22:00 * edit *

写ってルンです!

>富士山は肉眼では見えていたのに、どうして写真では写らないんでしょう?
いえいえ、不治(富士)の病の私には2枚ともしっかり見えていますよ~♪
北アから見る富士山は逆光だから飛びぎみにはなりますけれど
これだけの距離がありながら、見えた!っていうことに価値があるショットです☆

TIQI #- | URL | 2017/02/08 00:36 * edit *

☆TIQIさん コメントありがとうございます☆

挿入写真を間違えていて、2枚ほど差し替えました。
富士の病のTIQIさんのご指摘で(^^)
改めて目を皿のように、いや目を糸くずのように細めてみたら確認できました~。
液晶画面だと、見る角度によって全く見えませんけどね(^^;)

山に登っていつも思うんですけど、
山頂でよく耳にする 「あ、〇〇が見えてる!」・・・の言葉
第1位は 「富士山」
第2位は 「槍」
だと勝手に捉えてます。
富士山って割とどの山からも見つけやすいと思うんですが必ず言ってしまう・・・
それに普段から見てるのに、不思議です(^^)

中ノ俣 #Y2kgqtPU | URL | 2017/02/08 20:57 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://urajirosorbus.blog.fc2.com/tb.php/165-c6b5e495
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)