08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

やまのぼりCOLOR

青空 写真 時々テント 

Wed. 23:13:09 -edit

04

19

co: 6

tb: 0

棒の嶺(白谷沢から仙岳尾根を経て~) 

棒の嶺の仙岳尾根にもイワウチワが咲いているらしいので行ってみましたが
イワウチワより嬉しい事が盛り沢山!
登った日:2017年4月19日 天候:晴れ

これもその一つ、白谷沢でコチャルメルソウの大群落。
IMG_8394.jpg




今回辿ったコースは
白谷橋スタート ▶▶ 白谷沢 ▶▶ 権次入峠 ▶▶ 棒の嶺山頂 ▶▶ 槇ノ尾山(破線ルート) ▶▶ 仙岳尾根
   ▶▶▶▶▶ 落合 ▶ (破線ルート)中登坂 ▶ 金毘羅神社奥ノ院 ▶ 龍泉寺 ▶ 白谷橋ゴール
無題





登山口に咲く黄色いヤマブキを見上げながら出発。
IMG_8382.jpg





足元にはこれも黄色のキケマン。露がキラキラ奇麗です。
IMG_8383.jpg




白谷沢のゴルジュ。
IMG_8405.jpg





コチャルメルソウとハナネコノメが沢沿いにビッシリ!
IMG_8385.jpg





岩に張り付くようにイワウチワ。夏には同じ場所にイワタバコも咲きます。
IMG_8400.jpg




ネコノメソウのオンパレード。ニリンソウはこれから。
IMG_8399.jpg




ゴルジュを上から見下ろすとこんな感じ。水量がそれほど多くなかったので問題なく通過できた。
IMG_8403.jpg




あっ・・・見つけちゃいました、フモトスミレ!
IMG_8486.jpg




権次入(ゴンジリ)峠。ナラの林の芽吹きはまだのようです。
IMG_8422.jpg




棒の嶺山頂に到着。正面にちょこんと頭を出してるのは武甲山で右に武川岳、左に大持山。
IMG_8433.jpg




こちらは伊豆ヶ岳。その奥のまぁるい山は丸山。そのまんまです(笑)
IMG_8429.jpg




中央に見えるのはたぶん子ノ権現でしょう。ほとんど平らな尾根は奥武蔵グリーンラインで尾根を越えると関東平野。
IMG_8430.jpg




山頂には誰もいません。
先行者が4人ほどいましたがシンボルツリーの山桜はまだつぼみだったので皆すぐに下山してしまいました。
スニッカーズのパッケージ「ハラが減ってるキミは、いつものキミじゃない。」の眠すぎバージョン。
どちらかというと、空が青くて気持ちよすぎ!
IMG_8432.jpg




山頂から先に進んで槇ノ尾山。仙岳尾根分岐を落合方面へ。
破線ルートだけど踏み跡もしっかりしてるし尾根筋を降りるので問題なさそう。
IMG_8435.jpg





分岐からはすぐに激坂下りのはじまり。斜面にはカタクリがポツポツと咲いていた。
けど、これは何!? スミレとカタクリの交配種???
IMG_8437.jpg




すぐ近くにはアカヤシオも咲いてます。
IMG_8440.jpg





アカヤシオに近づいてみようとしたら足元にイワウチワが咲いてました。
危ない、危ない。もう少しで踏みつけるところでした。
IMG_8441.jpg




イワウチワの見頃はもう過ぎてました。山桜もそろそろお終いです。
IMG_8446.jpg





青空バックだと撮りたくなる。
IMG_8449.jpg





落合の観光釣り場が近づいたところで再びイワウチワの自生地。こちらも殆どが見ごろ過ぎ。
IMG_8453.jpg





落合から中登坂へ向けて登り返し。破線ルートの急坂にイワウチワの群落。
小ぶりです。種類が違うのかな?こちらもほぼ咲き終わり。
IMG_8463.jpg




何度休んだ事か、、、この尾根は特に急です。その凄さが写真で伝わらないのが悔しい!
IMG_8474.jpg





中登坂に到着すると、後はゴールまで緩い下り坂を降りるだけなので鼻歌も出始めました。
だけど立木に遮られて眺めはガッカリ。名栗湖が見下ろせる場所は1か所だけ。
さわらびの湯まで戻ったらダムを越えた駐車場に置いてある車を回収して帰ります。
IMG_8480.jpg


行動時間7時間超は、登り初めの雲取山以来ですが、花を見ながら歩いたので疲れは全くありません。

スポンサーサイト

テーマ: 山登り - ジャンル: 趣味・実用

カテゴリ: 埼玉県の山

△page top

コメント

あらま。なんて贅沢なお花見登山!!!
キケマンの葉先にくっつく水滴きらりんちゃんがとってもかわいい。
ノウゴウイチゴの葉先にくっつくのと同じ雰囲気ですね~。
そして、コチャルメルソウの群生。これ凄い!!!!
鳴神山へ行くたび、目を皿のようにして探してるんだけど、
結局いつもの沢沿いではいまだに出会えず・・・(T_T)
見ている葉っぱは合ってる気がするんだけどなぁ。
もぉ、悩ましいったらありゃしない。(^O^;
ツツジにしても、イワウチワにしても、急な斜面に生えてることが
多い気がするんですが。。。
人に踏まれないようにするために、植物が身につけた知恵?
そんなことないか。(笑)

URL | chikoやん #0iKXazQU | edit
2017.04.20 12:58

こんばんわ。
手頃な距離と高さのコースのようですね。
お天気がよければ、花を見ながらゆっくりあるくのもいいですね。
こちらはまだ春山(雪山)で、早いところでも5月末にようやく山開きです。
待ちきれず雪の山を歩く人も多いですが・・・

URL | 野付ウシ #- | edit
2017.04.20 19:40

☆chikoやんさん コメントありがとうございます☆

コチャルメルソウの群生は自分でもビックリでした。
今までこの白谷沢は春に訪れた事は無かったので
ハナネコノメが咲きだす頃に来年是非行ってみようと思いました。
今回イワウチワを観ようと通ったこのコースはほんとに急で
中登坂に着くまでにフクラハギがケイレンするんじゃないかと思いましたよ。
この急な斜面のおかげで植生が保たれているんでしょうけどね。
みんなギリギリがすきなんですよきっと。(^^)

URL | 中ノ俣 #Y2kgqtPU | edit
2017.04.20 22:38

☆野付ウシさん コメントありがとうございます☆

確かに距離と高さだけなら手頃な山だと思います。
この界隈の山は総じて急斜面が多くフクラハギの鍛錬にはもってこいです。(^^)
今回通ったこの破線ルートも斜度45度以上はありました。
人も殆ど通らないので、ゆっくり花の観察をしながら歩けるのでサイコーです!
こちらの方の山開きは4月下旬~GWにかけてするところが多いようです。
>待ちきれず雪の山を歩く人も多いですが・・・
僕的には残雪期の山が一番魅力を感じます。
大雪山系のゼブラ模様が是非見てみたいです!

URL | 中ノ俣 #- | edit
2017.04.20 22:58

人を寄せ付けない厳しい地形だからこそ、美しい自然が育まれるんですね。
イワタバコが咲く環境なら鎌倉寺も同じだから
イワウチワを植えてくれれば、私も手軽に鑑賞できるんだけれどなぁ(笑
丹三郎尾根は岩尾根ではなかったので、やはり会えませんでした。。
ピンク色のお花、珍しいですね。自然交配で生まれた新種かも!?


URL | TIQI #- | edit
2017.04.23 20:33

☆TIQIさん コメントありがとうございます☆

以前鎌倉に行った時、石垣に生えるカイドウを見て「へえ〜、これがイワタバコかぁ」と勘違いしてました(^^;)
もう覚えたので大丈夫です。
御岳山でイワウチワは見かけられなかった様ですが、芽生えたばかりの新緑や桜の花々に充分満足されたのでは無いでしょうか。
新緑の萌え萌えは僕も大好きで本当にココロ躍らされます。

URL | 中ノ俣 #Y2kgqtPU | edit
2017.04.27 06:40

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://urajirosorbus.blog.fc2.com/tb.php/174-33c0bdac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード