08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

やまのぼりCOLOR

青空 写真 時々テント 

Sat. 13:52:57 -edit

06

17

co: 14

tb: 0

神室山 [ 200名山・花の百名山 ] へ 

この季節になると、なぜだか無性に東北の山に行きたくなる。
休みが沢山とれればこの山域には登りたい山が沢山あるのだけれど
1日しか休みが取れなかったので、相も変わらずの夜行日帰りで行って来ました。

登った日:2017年6月15日  天候:晴れのち曇り

IMG_9655.jpg





ぬかるんだ林道の深い轍の真ん中に生える草を、芝刈機さながらバンパーでなぎ倒しながら登山口駐車場へ向かいます。
大きな看板のあるパノラマコース登山口駐車場に着くと「山形」と「大宮」ナンバーの車が2台。
かなり早い時間から出発した様子で、お目当てはやはり一緒なんでしょう。
西ノ又登山口の駐車場には乗用車で入るのはかなり勇気がいるので林道を歩きます。
林道の両側にはタニウツギ、ヤグルマソウ、シシウドがたくさん。
西ノ又林道





登山道はそれほど広くないけれど靴底の感触がとても気持ちよく歩きやすい。
IMG_9539.jpg





蕗の葉っぱの大きさにも驚かされる。これなら確かに雨も凌げそう。
IMG_9544.jpg





第一渡渉点(第一吊り橋)左岸から右岸へ。
IMG_9540.jpg




揺れる、揺れる、揺れる。流れは西ノ又沢。
IMG_9541.jpg





第二渡渉点(第二吊り橋)、右岸から左岸へ。
IMG_9549.jpg





吊り橋を渡り終え、ブナの森へと入っていきます。セミの声がもの凄い。
IMG_9551.jpg





沢筋に残った大きな雪の塊。西ノ又沢の渡渉以外にも幾つもの沢の流れを渡ります。
IMG_9558.jpg





三十三尋の滝。
IMG_9563.jpg





第三渡渉点は水量も多く流れも速い。靴を脱ぐ事も無く何とか渡れたけど、若干靴の中に浸水。
IMG_9570.jpg





滝の脇を登ると、ほどなく苔生した「不動明王」の祠。
この先、渡渉点が標高760m、標高1200mの御田の神マミヤ平湿原との標高差440mを
一気に直登する「胸突八丁」が待ち構えてます。
途中振り向くと樹の合間から西ノ又沢を挟んだ向こう側にパノラマコースの景色が見えた。
IMG_9586.jpg





胸を突かれる事は無いにしても、顎が上がり始めた頃にようやく傾斜が緩み、足元に咲く花々にホッとする。
胸突八丁1





胸突八丁2





今シーズン初のサンカヨウにもあえて嬉しい!
IMG_9600.jpg






苦行続きの胸突八丁を抜けると視界が開け御田の神のマミヤ平湿原も近そう。
IMG_9604_20170617200848f36.jpg






そして、いきなり飛び込んできたのがこの景色。今年も会えましたヒナザクラ!
想像してた以上の群生です。
IMG_9609.jpg





IMG_9607.jpg





IMG_9610.jpg





IMG_9612.jpg





マミヤ平から雪渓を越えて山頂を目指します。
IMG_9613.jpg





二つ目の雪渓を登っている途中から遠くの山々が見えだした。
帰路を予定しているパノラマコースの向こう側に鳥海山。
IMG_9616.jpg





まだまだ雪が豊富です。
IMG_9617.jpg





雪渓を抜け、笹の坂道で鳥海山に気を取られながら登っていると、
登山道を覆うようにキヌガサソウの群落が現れました。
IMG_9621_20170617195627309.jpg





IMG_9619.jpg






スゲー!
IMG_9623_20170617195630f55.jpg






スゲー!、スゲー!
IMG_9622_2017061719562993e.jpg






スゲー!、スゲー!、スゲー!
IMG_9624_20170617195632b5d.jpg





IMG_9625.jpg





IMG_9629.jpg






興奮が冷めやらぬままキヌガサソウの群落を後にして先に進むと「窓くぐり」。
窓の向こうには何が見えるんだろうと期待させられます。
IMG_9631.jpg




視界は一気に開け、神室山の山頂が見えてきました。
IMG_9633.jpg





稜線を彩る花々。
IMG_9637.jpg





IMG_9643.jpg





IMG_9644.jpg





IMG_9615.jpg





傾斜も緩やかなので足取りも軽い。
山頂の右肩に避難小屋も見えてきました。
IMG_9656.jpg




山頂に到着。360度の好展望。
南側には雲をまとった月山。白い峰々の飯豊連峰、蔵王連峰が薄っすら見えた。
IMG_9654.jpg




誰もいない山頂でだいぶのんびりした後は西ノ又分岐まで戻り、パノラマコースで下山。
西ノ又分岐から見た前神室山と鳥海山。
IMG_9658.jpg





しばらく気持ちの良い稜線漫歩が続きます。
IMG_9661.jpg





IMG_9662.jpg





IMG_9663.jpg





前神室山から歩いてきた道を振り返ります。
IMG_9674.jpg






IMG_9665.jpg





第三ピークまで降りてきました。
遠くに見える神室山は見納め。
IMG_9678.jpg





ツクバネウツギが道の脇にちらほら。
IMG_9680.jpg




ブナの森に入ってからギンリョウソウ見つけました。これも今シーズン初。
IMG_9695.jpg




ブナの森から杉林を通り、もうすぐ登山口に辿り着くというところで少不安になるような藪漕ぎもありましたが無事下山。
IMG_9698.jpg





神室山はまさしく神の山でした。
植物の種類は早池峰山ほどではないにしても、キヌガサソウの群生にはさすがに興奮しました。





無題
■西ノ又コース(行き) 標高差950m 距離5km
■パノラマコース(帰り) 距離5.7km 








スポンサーサイト

テーマ: 山登り - ジャンル: 趣味・実用

カテゴリ: 神室山

△page top

コメント

はぁぁぁぁぁ・・・東北の山は花が豊富でいいですね!
スゲーを連発したくなるのも分かります(笑
残雪と春の花をこの時期見ることができるというのが
やはり東北の魅力なのでしょうね。
昨日は久しぶりのリハビリ登山でなんだか疲れちゃったので
とっても癒されましたぁ☆

URL | TIQI #- | edit
2017.06.18 10:27

スゴイスゴイ!正に神の山ですねー!私も興奮しましたよ(笑)
あちこちの山に登られている方々に口々に、「もっと色々な所へ登ってごらん。」とよく言われます。
広い眺望と高山植物の群落の風景は本当に憧れます。
中ノ俣さんはお花も詳しいのですね。
こんなにたくさん見られるなら、日帰りでもそれは行きますよね^^
いいタイミングで行くことが出来て良かったですね。
これからも、あちこちの山のリポート楽しみにしています!

URL | 葉月 #- | edit
2017.06.18 11:59

こんにちは、中ノ俣さん!
確かに「スゲー!」です、東北のお山はまさに神の山!
たくさんのお花と素晴らしい景色に、リピーターが多いのにも納得です。

ヒナザクラって、こんなに可愛らしいお花なんですね~(^^
こんなカワイ子ちゃんが群れをなして待っているなら、そりゃあ日帰りでも頑張りますって(笑)
これからの季節はいろんなカワイ子ちゃん達が出てきますから、中ノ俣さんも西へ北へと大変ですね~i-236

URL | 悠 #- | edit
2017.06.18 15:44

「神室山」って、どこよ。って、まず検索から始まった私です。(^^;
山姿の写真だけ見せていただいて「朝日連峰だよ」って言われたら
信じてしまうかも。(^^;(^^;
山の稜線上に登山道がくっきり。あそこを歩かれたのね~。と
思ったら、なんか、思っただけで、東北の大きい山で感じる
風に吹かれているような気持になっちゃいましたよ~。
一株でも咲いてるのを見つけたらうれしいキヌガサソウ。
もぉ、こんなにたくさん咲いてたら、こりゃ、ヨロコビの舞ですね♪

URL | chikoやん #0iKXazQU | edit
2017.06.18 21:21

TIQIさん、コメントありがとうございます(^o^)

雪国の雪解けを待って咲く花の勢いってすごいなぁ・・・って思いますよね。
それに加えて、東北に行かないと見れない種類の花とかもあって、
この時期は毎年東北に行きたくなってしまいます。
そう言った意味では北海道もそうなんですけど
さすがに北海道は日帰りもできないし、毎年って訳にもいかないので
当分この時期の東北通いは続きそうです。

URL | 中ノ俣 #Y2kgqtPU | edit
2017.06.18 22:54

葉月さん、コメントありがとうございます(^o^)

この神室山に出かけるタイミングは
ほぼ毎日のように「ヤマレコ」の記事を検索して
キヌガサソウの最初の記事が載ったのが5月11日だったので
それ以来、週間天気予報とにらめっこし
代休を取る日に仕事の都合を合わせて行ってきました。
それはもう、並々ならぬ努力の結果です(笑)
特に花には詳しい訳ではないし
名前の知らない花も多いんですが
大好きな花の追っかけはまだまだ続きそうです(笑)

URL | 中ノ俣 #Y2kgqtPU | edit
2017.06.18 23:06

悠さん、コメントありがとうございます(^o^)

ヒナザクラに最初に出会ったのが3年前に登った秋田駒ヶ岳なんです。
以来、その花が見たくって東北に毎年出かけるようになってしまいました。
私もそのリピーターの一人です(笑)
ヒナザクラって色合いや形も可憐で
雨に降られるとその重さに耐えられなくなって、うなだれちゃうしで
いわゆる清純派ですね♪
清純派のカワイ子ちゃん大好きなので、追っかけも当分やめられません(笑)

URL | 中ノ俣 #Y2kgqtPU | edit
2017.06.18 23:18

chikoやんさん、コメントありがとうございます(^o^)

神室山は「かむろさん」って読むのを今年初めて知りました(^^;)
稜線に出る前は「胸突八丁」などという大嫌いな名前の坂を通らなくてはいけませんでしたが、
稜線に出ると北アルプスのようなゴツゴツしたイメージが全くなく
優しくて気持ちのよさそうな、おやかな稜線が続いているので
何処までも歩いて行きたい・・・そんな気にさせてくれる山でした。
キヌガサソウの大きな花は一株だけ咲いていても存在感ありますよね。
chikoやんさんの尾瀬の記事にも写真が載ってたので、やはり目が止まってしまいました。
僕的には、トガクシショウマより気になってましたよ(^^;)
他の山で見かけるのはせいぜい一株、二株なので
今回は、もう一生分見てきた感じなので舞い上がってます。(^o^)

URL | 中ノ俣 #Y2kgqtPU | edit
2017.06.18 23:37

中ノ俣さん、お早うございます。

神室山・・・山形県新庄市のお山なんですね。知りませんでした。勉強になります。
本当に東北のお山はお花が豊富で、青レンジャーも色々と行ってみたいです。休みが欲しい~。名もないお山にも高山植物が咲いていたりしそうですね。

カタクリがまだ咲いているのにはビックリしました。ヒナザクラはすごい密集度ですね。青レンジャーが月山で見た時は、そこそこ咲いていましたが、まばらでしかも木道よりはずれた場所。もっと至近距離で観察したかった。

キヌガサソウの群生はヤバいです。誰かが手入れしているのかと思うくらいにキチンと咲いています。これが自然の力だと思うと、とてもかないませんね。キヌガサソウは青レンジャー的に「白花の女王」だと思っています。白くて凛としていて本当に女王様です。

URL | 山ガールの青レンジャー #- | edit
2017.06.19 08:46

こんばんわ。
やはり春の山はいいですねぇ...花が生き生きしている!
私は少し出遅れぎみです。これから計画して何箇所登れるかなぁ??

URL | 野付ウシ #- | edit
2017.06.19 19:33

山ガールの青レンジャーさん、コメントありがとうございます(^o^)

神室山は山形県と秋田県の県境になりますね。
キヌガサソウの群生地は山頂より秋田県側に下りたところにあります。
その場所は日本固有種のキヌガサソウの日本一の自生地でもあるようです。
と言う事は、世界一でもある訳ですよね(^^)
コマクサを高山植物の女王様とも言いますが、じゃぁ王様は?
と言う事になると、僕的にはキヌガサソウは「王様」だと思ってます(^^;)
カタクリには僕もビックリしました。
こんな時期に・・・と。しかも群生してるし。
前神室山へ向かう稜線ではカタクリとシラネアオイが一緒に咲いてました。
こんな光景を見るのも初めてでした(@_@)
雪国の山は不思議がいっぱい!
wonderlandです(^o^)

URL | 中ノ俣 #Y2kgqtPU | edit
2017.06.19 22:31

野付ウシさん、コメントありがとうございます(^o^)

旅行先からお帰りですか?
野付ウシさんが旅行にお出かけの間、
山の季節は相当進んでますよ(^^)
って言っても10日でしたか(^^;)

URL | 中ノ俣 #Y2kgqtPU | edit
2017.06.19 22:38

はじめまして。
山の景色にうっとり見とれてしまいました。
わたしはなかなか山には行けませんが
こちらで登山気分を味わせてもらいました。
また訪問させてもらいます。

URL | のりっぺ♪♪♪ #- | edit
2017.06.23 09:51

のりっぺ♪♪♪さん、コメントありがとうございます(^o^)

初めまして。
拙いブログにご訪問ありがとうございます。
こんな写真でも、少しでもそんな気分になっていただけたなんて、ものすごく嬉しいです。
こちらからも、おじゃまさせていただきますね。

URL | 中ノ俣 #Y2kgqtPU | edit
2017.06.23 20:15

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://urajirosorbus.blog.fc2.com/tb.php/183-6a3c874f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード