FC2ブログ

やまのぼりCOLOR

青空 写真 時々テント 

新穂高/乗鞍岳 観光 

海の日の3連休、実は2週間ほど前から登山の計画をしていて
新島々からクラッシックルートで徳本峠(とくごうとうげ)へ登ってテント泊をし
翌日は霞沢岳をピストンしてから上高地へ下りる1泊2日の予定だったのに
金曜の夜に 「土曜の夜から山に出掛ける」 と嫁に告げると
珍しい事に、連日猛暑日が続く埼玉を離れて 「一緒に避暑に出掛けたい」 と言い出した。
最初は 「え"-、、、」 とは思ったけど
確かに埼玉は死ぬほど暑いし無下に断るのも可愛そうだったので
登山は諦めて暑さを逃れる為に一緒に出かけてきました。

それでも少しは登山気分を味わえればと新穂高ロープウェイを使って山頂展望台で景色を眺め
乗鞍高原へ移動し、そこからシャトルバスに乗り換えて乗鞍スカイラインを畳平バスターミナルまで行き
往復小一時間で登れる富士見岳にも登ってみました。

新穂高ロープウェイでは西穂高を目の前にし、乗鞍では剣ヶ峰を目の前にしながら
登山が出来なかったモヤモヤとした複雑な気持ちは今でもまだ消えずに残っています。
夏休みも一応2泊3日の予定を密かに計画しているけど
事と次第によっては、これも雲行きが怪しくなってきました。

2018新穂高乗鞍 (9)





まずは新穂高第2ロープウェイしらかば平駅のある駐車場まで行き始発便に乗り込みます。
この時間は観光客も少なめで、ほぼほぼ登山客ばかりでした。
奥穂高まで縦走するのか西穂高を目指すのか、はたまたピラミッドピーク辺りで引き返すのか
いずれにしても3連休も手伝ってか結構な入山者数でした。




西穂高口駅展望台から見た笠ヶ岳。
2018新穂高乗鞍 (6)




奥穂高岳から正面の槍ヶ岳まで。
2018新穂高乗鞍 (1)



弓折岳、遠くに双六岳、さらにその奥に茶褐色の鷲羽岳が頭だけちょこっと見えてます。
2018新穂高乗鞍 (2)




展望台も時間が経つにつれ人が多くなってきました。
2018新穂高乗鞍 (4)




周辺を少しだけ散策。思ってた以上に花も多く見られました。
花の名前を聞かれたので一つ一つ説明しましたが多分右から左でしょうね。
2018新穂高乗鞍 (12)




新穂高を後にして今度は乗鞍高原へと向かいます。

途中で食事をしながらだったので観光センターでバスに乗り込んだのは午後の2時過ぎで
3時の到着予定の畳平までの区間バスに揺られてウトウト眠ってしまいました。
バスが停まり乗降客の気配で目が覚めたその場所は大雪渓下でスキーヤーが大勢。
2018新穂高乗鞍 (7)




最終バスの時刻(17:10)を確認してから時間的にもちょうどよさそうな富士見岳2817mに登ってみます。

富士見岳山頂から剣ヶ峰を仰ぎます。不消ヶ池のソーダーブルーが印象的。
2018新穂高乗鞍 (8)




山頂は少々風が強いけど極上の景色が見られ、ここに連れてきて正解だったのかなと思います。
2018新穂高乗鞍 (9)





2018新穂高乗鞍 (10)




2018新穂高乗鞍 (11)



さて、下山後はのんびり温泉に浸かり、再び酷暑の埼玉に帰りましょう!




関連記事
スポンサーサイト
trackback: -- | comment: -- | edit