FC2ブログ

やまのぼりCOLOR

青空 写真 時々テント 

風吹大池 

カーナビに林道通行止めの情報が反映されていなくて、早朝から出かけた山は林道トンネル手前で Uターン。
国道148号線まで戻った場所は北安曇群にある“道の駅 小谷”。
せっかくここまで来たのだからと、簡単に登れる場所で思い付いたのが
以前、蓮華温泉に来た時からから気になっていた風吹大池でした。

登った日:2018年7月21日(土)   天候:曇り時々晴れ

2018風吹大池 (22)






カーナビには表示されない砂利の敷かれた悪路をガタガタ揺られながら土沢登山口に着きました。
昭文社の山地図には北小谷駅から徒歩2時間30分と記されている風吹登山口です。
駐車場は結構広めで余裕で10台以上は停められそうですが、自分の車以外は1台も見かけません。
2018風吹大池 (1)





着いてすぐの登山開始です。
歩き始めてすぐに北俣沢と南俣沢に挟まれたヤセ尾根に出ます。
道の両側はアカモノが沢山生えていて切り立った崖は見えにくくなってます。
2018風吹大池 (2)




沢底が白く見えるクセエ沢に出ました。名の通り硫黄臭漂う冷鉱泉が流れています。
以前同じような光景を北海道の羅臼温泉から羅臼岳に登る時にも見かけました。
2018風吹大池 (24)




沢音が聞こえなくなるとブナの原生林へ突入。
間伐されているのか空も見えて鬱蒼とした感じではありません。下草も刈られていて奇麗に整備されています。
2018風吹大池 (3)




2018風吹大池 (25)




2018風吹大池 (6)




おそらく6月頃には花盛りだったんでしょう、今は実を付けた植物が沢山生えていました。
2018風吹大池 (5)




2018風吹大池 (23)




秋色になったナナカマド。
2018風吹大池 (4)



風吹大池にだいぶ近づいてきました。
2018風吹大池 (7)




到着。
2018風吹大池 (8)




静かです。登山客は一人もいません。
2018風吹大池 (9)



さっそく池を反時計回りに周回します。
コースは畔から離れてほぼ山道。
2018風吹大池 (10)





小敷池が隣接する場所でなんとか水辺へ。
2018風吹大池 (11)




小敷池。下には降りられません。
2018風吹大池 (12)




池を見下ろせる場所まで登ってきました。
2018風吹大池 (13)





反対側に風吹山荘が見えます。
2018風吹大池 (14)




さらに進んで科鉢池。こちらも木々に囲まれて下まで降りられません。
2018風吹大池 (15)




急な坂をひと登りして湿原に出ます。風吹天狗原。
2018風吹大池 (18)




2018風吹大池 (19)




小さな池塘にはモウセンゴケの群生。
2018風吹大池 (17)




さっきまでガスが流れていた様子で水滴がビッシリ?粘液だとしたら凄すぎ‼︎
2018風吹大池 (16)





2018風吹大池 (20)



再び林の中を通り周回起点の風吹山荘へ戻ります。
2018風吹大池 (21)




行動中、登山者には一人にも会わず終い。下山でもすれ違う人は一人もいませんでした。
おそらく白馬大池とかは大賑わいなんでしょうけど。
























関連記事
スポンサーサイト
thread: 山登り | janre: 趣味・実用 |  trackback: 0 | comment: 10 | edit

コメント

こんにちわ。久々にコメ欄openですね。
話題&人気の場所に人は集中するんでしょうね。 まるで北海道の中規模の山を歩いているような感じです(誰とも会わない)。先日登って途中リタイアの「平山」は花好きには人気の山ですが、先に下山した時の車は4台のみでした。週末に集中しているのでしょうかね。
夏休みに入ると一気に混雑してきそうですね。今年は暑すぎますがどんな影響があるのでしょうね。北海道は夏らしい気候がやってきませんが、あと一ヶ月もすると秋の気配が漂うはず・・・今年は気候がおかしいようです。

野付ウシ #- | URL | 2018/07/23 17:47 * edit *

野付ウシさん! コメントありがとうございます(^o^) 

この日の長野県北安曇郡の山の麓の気温は車についている車外温度計によると35℃でした(@_@)
それでも時折直射日光の射す湿原の木道の上では暑さを気にせず、のんびり休憩をする事が出来ました。
その木道の上で30分以上居座りましたが人っ子一人通りませんでした。

やっぱり静かな山歩きは良いですねー。
とても贅沢な時間が過ごせて得した気分になります。

夏休みに入ったら多分こんなふうにはいかないんでしょうね。

中ノ俣 #Y2kgqtPU | URL | 2018/07/23 22:02 * edit *

中ノ俣さん今晩は!

毎日めちゃめちゃ暑いですね~!
今日,熊谷市で41.1℃って…(~_~)

そんな中,風吹大池って素晴らしい選択ですね。
写真からは静かで涼やかな感じが伝わってきますよ。
※実際は暑かったかもしれませんが・・・(^^;
ナナカマドが既に紅葉を始めたのは暑さのせいですかね?
 

mont-denden #HUuOQ0HU | URL | 2018/07/23 22:53 * edit *

mont-dendenさん!コメントありがとうございます(^o^)

暑いですね~(*_*;
猛暑日が続いてもうそろそろ2週間ですよ~~

でも風吹大池は時々日差しはあったものの休憩中に汗が出る事は無かったですよ(^^)
時々ガスが流れてきて涼しかったですね。
そして、とっても静かでした。
行動中誰一人会う事はありませんでしたからね。
会ったのは小屋番さん一人だけでした。

ナナカマドがこの時期から紅くなるのは時々見かけますよね。
日当たりが良すぎるんですかね?
紅葉は糖が葉っぱに溜まり日光を浴びて赤くなるようですが
早くから紅葉する葉っぱは、人間でいえば成人病?(^^;) 

中ノ俣 #Y2kgqtPU | URL | 2018/07/24 20:59 * edit *

こんにちは、中ノ俣さん!

静かな静かな山歩き、いいですよね~(^^
湿原の定番モウセンゴケちゃんは、水滴がついてキラキラしていると、もうたまりませんわ~(笑)
中ノ俣さんは移動に車を使っていますが、私は基本電車とバスです。
ただどちらにしても、歩いている時間より移動の時間の方が長くなっちゃうんですよね(^^;
それでも山へ行くのは、止められない~(笑)

今年の夏は暑すぎです…山の自然がいつまでもこのままでいられるように、気候がこれ以上おかしくなりませんようにと、願うばかりです。

悠 #- | URL | 2018/07/29 18:05 * edit *

悠さん、コメントありがとうございます(^o^)

白馬の山域なので人に合わない何て事は考えてもみませんでした。
ですが、登りでも下りでも池の周回でも誰一人会う事はありませんでした。
僕自身こういうのってかなり珍しい事です。
夏山へ向けてのちょうど良いトレーニングになった感じです。

晴れの予報で出かけたんですけど雲が多めでしたが
エアコンの効いた部屋にいるより気持ちよい一日が過ごせました。
自然に感謝感謝です。


中ノ俣 #Y2kgqtPU | URL | 2018/07/30 22:19 * edit *

小谷村には昨年ふるさと納税をしたので親近感はあるのですが、未踏の地なんですよね。寄付金がちゃんと活用されて?登山道が整備されていたようで良かったです(笑

例年よりも日中の気温が高いだけに、標高の高いところでは朝夕の寒暖の差も激しいのでしょうけれど、平地はこんなに暑いのに此処では初夏の花が咲いていたり、実りや紅葉が始まっているのを見るとなんだか不思議です。

駅から2時間30分って…歩いて行く人がいるんでしょうか。。
アクセスが悪い分訪れる人も少ないという意味では、ここは北アルプスの
秘境ですね。

#- | URL | 2018/08/05 20:12 * edit *

おはようございます。
訪問ありがとうございます。
誰もいない登山道、ある意味人に合わない事の方が
静かで、自分の世界に浸れて、私は好きですね。
モウセンゴケが凄く涼しそうでした。
紅葉の頃も面白そうな所ですね。

さゆうさん #- | URL | 2018/08/06 05:31 * edit *

? さん、コメントありがとうございます(^o^)

連日猛暑日が続いていたので小谷村まで出かけましたが
現地もまた30℃を上回っていたので驚きました。
それでも風吹大池まで登ったらさすがに涼しかったですね。

きっと昼夜の寒暖差が大きいのでナナカマドも色付いていたんでしょうか、、、
狂い咲きならぬ狂い染め・・・ですね(^^;)

中ノ俣 #Y2kgqtPU | URL | 2018/08/07 22:21 * edit *

さゆうさん コメントありがとうございます(^o^)

誰もいない静かな登山道は
どっぷり自然に浸かってるみたいで僕も大好きです。
天狗原湿原は紅葉時期になったら、一面草紅葉が広がって見応えありそうですね。
池の周りには広葉樹も沢山生えていたので
季節を変えてもう一度行ってみたいと思いました。

中ノ俣 #Y2kgqtPU | URL | 2018/08/07 22:29 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://urajirosorbus.blog.fc2.com/tb.php/236-e5ebbec8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)